2022.09.28

名古屋のおすすめホームページ制作会社5選|選び方や相場も

「名古屋でおすすめのホームページ制作会社を知りたい」「どのように制作会社を選んだらよいか分からない」「費用が安い制作会社を知りたい」「デザインが得意な制作会社を知りたい」とお思いの方に向けて、本記事では「格安」「デザイン」の2つの特徴ごとに、名古屋でおすすめのホームページ制作会社5選を紹介します。

そのほかにも、知っておくべき

  • 制作会社選びで失敗しない7つのポイント
  • ホームページ制作にかかる費用相場と見積例
  • 制作会社に依頼する以外のホームページ作成方法

を解説しています。

ぜひ、理想のホームページ制作の参考にしてください。

ホームページはいくらで作れるの?
最短1分で料金シミュレーション!

「ホームページ作成の相場を知りたい」
「自分に合ったホームページを作ると、どれくらい料金がかかるのかな」
と、ホームページ作成の料金について知りたい!とお考えではないでしょうか。

そのような方には、無料で使えてオンラインで完結する
「料金シミュレーション」のお試しがおすすめです。

最短1分、カンタンな質問に答えるだけ!
もちろんその場で結果をご覧いただけます。
こちらから無料でお試しください。

格安な名古屋でおすすめのホームページ制作会社3選

ホームページ制作になるべくお金をかけたくない。費用を抑えて最大限の効果を出したい人は必見です。

ここでは名古屋で格安なホームページ制作会社を紹介しますが、格安な制作会社だと契約期間が長かったり、月額費用やオプション料金で予想外の金額がかかるケースもあるため、不明点は実際に問い合わせて確認することをおすすめします。

1. 株式会社ラクー

引用元:https://hp.racoo.co.jp/

3つの特徴

  • 制作実績1,500社以上!
  • お任せコースでは月々5,200円(税込)で制作可能
  • 100種類のテンプレートorオリジナルデザインが選べる

概要

「株式会社ラクー」は、集客までトータルに提案し、「成果がでなければホームページではない」と低価格で成果のでるホームページ制作をしてくれます。ホームページ制作には、3つのコースがありお任せコースでは、初期費用0円、月々5,200円(税込)で制作が可能です。

また、ホームページ制作以外にも、システム開発や名刺やチラシなどの印刷物の依頼もできるなどサービスが充実しています。今だけ、無料でホームページの制作マニュアルももらえます。

詳細情報

  • 費用相場:初期費用0円、月額5,200円~(税込)
  • 制作実績:https://hp.racoo.co.jp/works/
  • 会社所在地:名古屋市中村区名駅5-23-17 名駅フォレストビル4F

2. 株式会社ゴリラウェブ

引用元:https://www.gorilla-web.net/web2/

3つの特徴

  • 格安でも今どき!おしゃれ!
  • プロのデザイナーがおり、デザインに自信あり
  • 定期的に開催しているセミナーにも参加無料

概要

「株式会社ゴリラウェブ」は、「格安でも今どきでおしゃれなホームページを」と、月額5,478円(税込)で高品質なホームページを制作してくれます。デザインに自信があり、実際のところ「デザインが納得いかないから」という理由で進まなくなることはめったにというか、ほとんどありません。

ホームページ制作以外にも、SEO対策(検索で上位表示させるための)や印刷物の作成など豊富なオプションがあるのが魅力です。格安の制作会社には少ない、対面での打ち合わせも可能です。

詳細情報

3. 株式会社レガーレ

引用元:https://lega-re.com/

3つの特徴

  • 月額無料!制作費用4万9,800円~(税抜)
  • 300件以上、185種以上の制作実績あり
  • 簡単更新、運用マニュアルも充実

概要

「株式会社レガーレ」は、月額無料とリーズナブルで高品質なホームページを制作してくれます。集客にも強く、実践してきたSEOの概念やノウハウなど、相談時にアドバイスをもらうことも可能です。

また、制作には3つのプランがあり、最低限の情報発信をしたい方向けや制作後のページ更新も任せたい人向けなど、幅広い要望に対応できます。迅速な対応かつ、対面の打ち合わせで安心できるホームページ制作会社です。

詳細情報

  • 費用相場:4万9,800円~(税抜)
  • 制作実績:https://lega-re.com/seisaku
  • 会社所在地:名古屋市中区栄3-7-4 トーシンサクラビル10F

デザインが得意な名古屋でおすすめホームページ制作会社2選

非言語であるデザインは、誠実さや楽しさ、大らかさなどの感覚的な印象を見る人に感じてもらえるため、とても重要な要素です。

ここでは、名古屋でデザインが得意なホームページ制作会社を紹介します。

1. 株式会社スイッチ

引用元:https://www.switch-inc.co.jp/

3つの特徴

  • ブランディングから制作までトータルサポート
  • ホテルや美容院など多様なジャンルの制作実績あり
  • ランディングページ、採用サイトなど19種のサイトに対応

概要

広告制作会社「株式会社スイッチ」は、ホームページはもちろん、映像や動画、グラフィックデザインの制作も行う企業です。ホームページとあわせてコーポレートムービーやロゴを一括で依頼すれば統一感が得られるでしょう。

美しさや機能性だけではなく、制作を通して顧客が求める「真の目的・目標」に到達すること目指しています。ホームページ制作実績としては、ホテルや美容院、工務店、製造販売会社など規模に関わらずジャンルを問いません。

詳細情報

2. クリエイトデザイン株式会社

引用元:https://www.websta.biz/index.html#servic

3つの特徴

  • 企業の魅力を最大限に引き出すデザイン
  • どこにも負けないスピーディーな対応
  • 若いスタッフ達による柔軟な提案

概要

「クリエイトデザイン株式会社」は、ホームページ制作、LP制作、SEO対策、ネット広告、印刷物制作など様々なクリエイティブサービスをワンストップで提供しています。

何色ベースのデザインであっても、どんなに抽象的なテーマのデザインであっても、企業の個性を最大限に引き出すデザインが魅力です。

個人事業主から大手企業まで幅広いクライアントの制作実績があり、ホームページ制作は3つのプランから自社に合ったものを選択できます。

詳細情報

  • 費用相場:ライトプラン/特別価格15万円(通常価格30万円)
  • 制作実績:https://www.websta.biz/works.html
  • 会社所在地:名古屋市中村区名駅4-25-17 三喜ビル6F


以上、名古屋でデザインが得意なホームページ制作会社3選を紹介しました。

しかしながら、そもそも「人を惹きつけるようなデザインにしたいけれど、どんなものにしようかイメージが湧かない」「自社に合うデザインがどんなものか分からない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そんな方に向けて、以下の記事では

  • おすすめのギャラリーサイト8選
  • ホームページデザインのおさえるべきポイント
  • デザイン設計の具体的な方法

など、理想のホームページ制作に役立つ情報をお伝えしています。ぜひ参考にしてください。



ホームページ制作会社選びで失敗しない7つのポイント

この章では、ホームページ選びで失敗しない7つのポイントを紹介していきます。

ホームページ制作会社をよく考えずに選んでしまうと、想像とは違うホームページが完成したり、当初より高額になってしまったりするケースは少なくありません。

ホームページ選びで失敗しないポイントを押さえて、自分に合ったホームページ制作会社を見つけましょう。

1. ホームページの目的やターゲットの明確化

初めに明確にすべきは、「ホームページ制作を通して自社が何を達成したいのか」です。単に、現代風のおしゃれでかっこいいホームページを制作するだけでは意味がありません。

ホームページを通じてブランディングをしたいのか、売上を上げたいのか、どのような層をターゲットにし、ホームページを通じてどのようなアクションを起こしてほしいのかなど、目的やターゲットをしっかり確認しましょう。

この土台がしっかりしていれば、どのようなサイト構成が必要になるかも自ずと明確になります。また、同時にどのような特徴を持ったホームページ制作会社を探せばよいのかの指針も見えてきます。いっぽう、制作会社もクライアント側のニーズを汲んだホームページを作りやすくなります。

2. ホームページ料金相場の認知

ホームページ制作に限らず、事業活動をする上で予算設定は欠かせません。自社が求めるホームページを制作するためにはどの程度のコストがかかるのか、複数の制作会社の料金表を比較するなどして、事前にある程度の料金相場を把握しておくのが大事です。

大雑把な目安としては、企業情報など基本的な情報を掲載しているだけのようなホームページの場合は30万円程度で済むこともあります。

集客なども狙ったしっかりしたホームページの場合は、少なくとも50万円以上から、ものによっては100万円以上かかることもあります。

フリーランスの個人が格安でホームページ制作を請け負っている場合もありますが、そうした業者に受注する場合は、あまり大規模なホームページ制作や充実したサポート体制は見込めないため、基本的に度外視していいでしょう。

ホームページ制作の費用相場は先述した通りです。概要は、以下の表を参考にしてください。

費用相場制作意図備考
必要最低限のホームページ制作50~150万円とりあえずホームページ
を開設できれば良い
オリジナリティに欠ける
一般的なホームページ制作150~500万円ある程度デザインや
クオリティにこだわりたい
ヒアリングに基づき、一定の
クオリティを担保した制作が可能
オリジナリティを追求した
ホームページ制作
500万円~企業のブランディングに
力を入れたい
デザインのオリジナリティの他、
多様な機能を搭載

3. 相見積もりの取り寄せ

ホームページ制作はコンテンツによって大きくコストが変わってしまうこともあり、制作会社が料金表を公開していない場合もしばしば見受けられます。

特に、デザイン性の高いホームページを作るのが得意な制作会社や、上場企業や大企業などと数多く取引をしている制作会社ほど料金表を示していないことがあります。

そのため、提示された見積り額が他の制作会社と比べて適正かどうか判断するためにも、相見積もりを取ることは重要です。とはいえ、クオリティの高いものが高額なのは自然なことでもあるので、金額の安さだけで決めることは避けましょう。

大切なのは、提供されるサービス内容と費用のバランスが取れているか、自社が実現したいニーズを満たしているか、見積もりが予算内におさまっているかという点でしょう。

4. 同業種のホームページ制作実績の確認

その制作会社がどのような業種の企業と取引実績があるのかを調べることも重要です。また、制作実績の一覧ページから、どのようなポイントに注力してホームページを制作しているのか読み取ることも大切です。

自社と同業種のホームページ制作経験が豊富であれば、こちらが求める要件も理解されやすく、制作会社側からノウハウを提供してもらえることも期待できるでしょう。

あるいは、業種を問わず幅広い範囲の企業から取引を受けている制作会社も、業界に左右されずに一定のクオリティを発揮してくれることを期待できます。

5. 開設・リニューアル後のサポート

ホームページが納品された後は、自社で更新作業や保守運用などをおこなっていかなくてはなりません。しかし、運用途中で何かトラブルが生じることも考えられます。そのため、開設・リニューアル後のサポートをどこまでおこなってくれるのか確認することも重要です。

とりわけ初めて更新作業をするときには混乱が予想されるため、制作会社の方からサポートスタッフを派遣してもらう方が安心できます。複数人でホームページの更新作業をする場合は、更新に関わる社員に対して、事前に講習会などを実施してもらえると助かるでしょう。

ホームページの開設・リニューアル後に必要な保守運用の作業としては主に以下の5つがあります。

1. ドメインやサーバーの維持・管理
2. SSLサーバ証明書の維持・管理
3. CMSのアップデート
4.データのバックアップ
5.外部連携の仕様変更対応

これらの作業は運用代行会社に外注して行うこともできますが、その場合は費用としておよそ1~5万円かかります。

運用保守についての詳細な情報は、こちらをご覧ください。

6. ホームページの更新やページの追加

ホームページのコンテンツは継続的に更新して情報を最新の状態に保っていく必要があります。しかし、この更新作業まで外部企業に丸投げすると毎回作業費が発生してしまい、さらに予算が必要です。

ホームページ開設後の更新・運用はできれば自社でおこなうことを前提にしましょう。そのためには、自社で運用しやすいようにシステムを整備してくれる制作会社を選ぶのがよいでしょう。

ホームページの更新やページの追加は、運用改善と呼ばれる作業に分類されます。運用改善は、ホームページを通したビジネスでより良い成果を生み出すために重要な段階であり、ホームページの更新やページの追加以外にも、主なものとしては以下の4つの作業が挙げられます。

1.問い合わせ対応
2.分析・改善
3.トラブルや緊急時対応
4.集客

運用改善の作業はより良いホームページ運用のために不可欠な部分ですが、その作業内容は複雑なものも多いです。これらを外注しようとした場合、5万円で収まるケースもあれば100万円以上かかることもあります。

ホームページの更新やページの追加以外の運用改善の作業を考慮すると、自社で対応できる部分はなるべく自社で作業を行えるようにシステムを整備することが重要になってくるでしょう。制作会社を選ぶ際には必ず確認することをおすすめします。

ホームページの運用について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。運用保守、運用改善に関する詳しい解説と併せておすすめの運用代行会社も紹介しています。

7. 制作会社ホームページの更新頻度

制作会社自身のホームページの更新頻度やコンテンツの充実度なども重要な選定基準です。特に今までの取引企業の種類やその制作内容を確認することで、自社が依頼した場合のイメージがしやすくなるでしょう。

もしそれらの内容が希望するイメージにそぐわなかったり、制作会社自身のホームページが更新されていなかったりするようなら、依頼するのは避けたほうがよいかもしれません。

自分をアピールする絶好の場であるホームページの整備がしっかりできていないということは、ビジネスに対する気配りや事業運営における余力があまりないことも考えられます。

継続的なサポートを受けるためには、セルフマネジメントのしっかりした、組織基盤が強固な制作会社の方が望ましいでしょう。

以上、ホームページ制作会社選びで失敗しない7つのポイントを解説しました。
依頼したい制作会社が決まったら、次に実際に制作する際に気をつけたいポイントを把握しましょう。

具体的に気をつけるべきこととして、企画段階では「目標数値を決めているか」「ターゲットを定めているか」、構築段階では「ページ表示速度を考慮しているか」「レスポンシブ対応になっているか」などが挙げられます。

以下の記事では、制作の各段階ごとで気を付けたいポイントを詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

【目的別】ホームページ制作にかかる費用相場

さて、続いてこの章では、ホームページ制作にかかる費用相場について解説していきます。

意外にもホームページ制作にかかる費用はピンキリで、依頼する制作会社や実装したい機能によって制作費用は大きく変化するので、この章で提示している目的別の費用相場はあくまでイメージをつかむための目安・参考程度に考えてください。

1. 必要最低限のホームページ

ホームページとして最低限の機能さえあれば良いという方は50〜150万円くらいの制作費用を想定しましょう。50〜150万円はホームページ制作費用の中ではかなり安価な価格帯に属します。

具体的なホームページ制作方法としてはホームページ作成ツールの既存テンプレートを用いることになります。ただし、この価格でオリジナリティ溢れるホームページを制作することは難しいです。

2. 一般的なホームページ

オーソドックス普通のホームページを制作したい方は150〜500万円くらいのホームページ制作費用を想定しましょう。ホームページ制作会社に依頼すると、大抵、この150〜500万円の間に収まります。

具体的なホームページ制作方法としてはクライアントからのヒアリングをベースにゼロから制作する方法が一般的です。依頼者側の希望を踏まえた上で、デザインやコーディングをしていくため、ある程度オリジナリティのあるホームページを制作することができます。

3. オリジナリティを追求したホームページ

オリジナリティ溢れる高品質なホームページを制作したい方は500万円以上の制作費を想定しましょう。より多くの人たちが制作に携わるため、プロジェクトは大規模化し制作期間も半年ほどになります。単にホームページを作るだけではなく、ブランディングの観点もゼロから一緒に考えたり、他にはないハイクオリティなホームページを作ったりできます。

【番外編】フリーランスに依頼する場合

制作会社に依頼する以外にもフリーランスに依頼してホームページ制作をする方法があります。フリーランスに依頼するメリットはコストをより低価格に抑えられることです。

例えば、Lancers(ランサーズ)というフリーランス紹介サービスで作成する場合を考えてみましょう。Lancersで作成すると、1〜10ぺージの場合は5〜40万円で11〜20ぺージの場合は5〜80万円がおおよその相場です。しかしながら、低コストな分、以下のデメリットも存在します。

・品質が保証されていない
・突然廃業するリスクがある
・納期に遅れる可能性がある
・作業内容に得意・不得意が出やすい


フリーランスへの依頼を検討している方は、ここで紹介したデメリットがあるということを理解しておく必要があるでしょう。また、以下の記事で他にも安心して制作を任せられるフリーランスを選ぶポイントについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ホームページ制作会社の見積もり例3選

ここからは、実際に制作会社に依頼した場合の料金実例についてお伝えします。

今回紹介している制作会社の料金実例はあくまでも目安となるので、気になる制作会社がある場合は、見積もりを取ることをおすすめします。

1. FLUX siteflow

引用元:FLUX siteflow

FLUX siteflowでは一律で初期費用30万円、月額1万円のパッケージで販売しているため、お客様によって料金が変わらないことが特徴です。

10ページまで作成でき、必須だけれども他社ではオプション料金となりがちな「フォーム設置」や「セキュリティ対策」、「SEOの初期設定」も含まれているため安心して、使用することができます。

目的や使用用途に合わせて多彩なテンプレートから最適なものを選び出し、オリジナルのホームページを作成できるので、 「効果がでるホームページが欲しいけど、自分でもカンタンに更新したい」 方にとって、ベストな選択肢となるホームページ作成サービスです。

全国対応可能なオンライン形式なので、まずはお問い合わせください。

2. IT Force


引用元:アイティフォース お見積り例ぺージ

10ぺージの会社紹介とブログ機能のあるホームページを作成した場合の料金実例になります。15日の工数で18万9千円です。また、IT Forceでは「施工事例のコンテンツはグラフィカルにスライドショーさせたい」といった細かい依頼内容にもきちんと対応しています。

3. 流楽

引用元:流楽 お見積り例ぺージ

10ページのホームページを制作する場合、50万円程度かかります。オリジナリティのあるサイトにするための、企画構成料金やトップページデザインといった項目があります。

また、流楽では他にも予算に合わせた提案や制作を行っているので、気になった方は見積もりを出してみましょう。



ホームページ制作には、国や地方自治体が提供する補助金を活用できる場合があります。
ホームページ制作に使える補助金としては、主に「小規模事業者持続化補助金」「IT導入補助金」「地方自治体独自の補助金」の3つが挙げられます。


小規模事業者持続化補助金

【補助対象】ホームページの制作及び改良、チラシ・カタログの作成、広告掲載など
【申請可能な事業者】小規模事業者(営利団体)
【補助金額】30万円〜450万円 ※業種により異なる
【注意点】小規模事業者持続化補助金の申請のためには、事業計画書などの作成が必要。場合によって追加書類等が必要になることもある。


IT導入補助金

【補助対象】ホームページの制作、業務システムの導入など
【申請可能な事業者】

  • 商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいる
  • 「小規模事業者」一定の要件を満たした「特定非営利活動法人」

【補助金額】必要経費の3分の2、最大50万円まで
【注意点】単に自社の概要を紹介したり社内向けのブログを掲載したりするだけでは、ホームページ制作費用は補助対象にならない


地方自治体独自の補助金

【補助対象】ホームページ制作、販促費用など
【申請可能な事業者】※各自治体により異なる
【補助金額】数万円〜数十万円
【注意点】国による小規模事業者持続化補助金と、各自治体による補助金の併用はできない。

ここでは簡単に補助金制度について紹介しましたが、以下の記事では、詳しい解説や補助金を申請する際に知っておきたいスケジュール等の紹介もしています。
ぜひ参考にしてください。

制作会社だけじゃない!3つのホームページ作成方法を比較

ホームページ制作会社の紹介をしてきましたが、ホームページ制作には制作会社に依頼する以外にも、方法があります。制作会社に依頼する以外の方法も知ることで、自社に最適な選択ができるでしょう。

それぞれのメリット・デメリットを比較検討し、ぜひ理想のホームページを制作に参考にしてください。

ホームページを作るには、大きく分けて三つの方法があります。以下の表で自分にあった作成方法を検討してみて下さい。

ホームぺージ作成ツールを使うHTMLとCSSなどのコードを自分で書く制作会社に依頼する
費用の相場無料~(別途サーバー費用等)無料~(別途サーバー費用等)50万円~
期間の目安1カ月~半年~(勉強時間等含む)2カ月~(小規模サイトの場合)
難易度★★☆★★★★☆☆
おすすめの方中級者/なるべく早く作りたい方経験者/時間に余裕がある方初心者/時間に余裕がある

ここからはそれぞれの作成方法ごとにメリットデメリットを簡単に紹介します。

1. ホームページ作成ツールを使う(ノーコード)

HTMLやCSSといった専門的なエンジニアリング知識は基本的に不要であり、無料から使用できるものもあります。費用を抑えつつも、自らのイメージに近いホームページを作成したい方にはおすすめの方法と言えます。

以下の記事では無料から使えるおすすめのホームページ作成ツールを紹介しているのでぜひ参考にしてください。

2. HTMLとCSSなどのコードを自分で書く

HTMLやCSSといっ たコードを自ら書き、作成する方法です。ちなみに、HTMLとCSSとは簡単に説明すると、下記のようなものです。

HTML:Webサイトに表示されるテキストや画像・リンクなどを記述する
CSS:表示されるテキストのフォントや色、大きさや画像の位置などを調整する

全くエンジニアリングの知識がない方には多少ハードルが高いため、コーディングに興味・関心がある方にのみおすすめできる方法と言えます。

以下の記事では、HTMLやCSSを使って自分でホームページを作る方法をより具体的に解説しているので、興味がある方はご覧ください。

3. 制作会社に依頼する

最後に、ホームページ制作会社に依頼する方法を紹介します。専門的な知識はもちろん、自社の社員リソースを圧倒的に使わずに済むことができます。コストに一定の余裕があり、かつ一定のスピードとクオリティを重視する場合に、おすすめの方法と言えます。

以下の記事では、全国の方におすすめのホームページ制作会社や料金相場について詳細に解説しているので、やはり制作会社に依頼してホームページを作りたいと考えている人は本記事と併せて参考にしてください。

まとめ

会社の顔とも言えるホームページが正しく機能すればさまざまなメリットを得られますが、伝えたいことが正しく伝わらないホームページになっているケースも少なくありません。

制作会社に依頼するときには、選ぶポイントや費用面など、自分が何を重視するかを洗い出すことが大切です。

ホームページ制作会社に依頼する以外にも、ツールを利用する、自分自身で作成するといった手段もあり、選択肢は多岐にわたります。さまざまな手段があることを認識し、自分に合った方法で理想のホームページを作成しましょう。

ホームページはいくらで作れるの?
最短1分で料金シミュレーション!

「ホームページ作成の相場を知りたい」
「自分に合ったホームページを作ると、どれくらい料金がかかるのかな」
と、ホームページ作成の料金について知りたい!とお考えではないでしょうか。

そのような方には、無料で使えてオンラインで完結する
「料金シミュレーション」のお試しがおすすめです。

最短1分、カンタンな質問に答えるだけ!
もちろんその場で結果をご覧いただけます。
こちらから無料でお試しください。

この記事を書いたメンバー FLUX siteflow編集部
ホームページ作成に関連する情報発信を行っております。弊社ホームページ作成サービスFLUX siteflowや運営に関するご質問などは「お問い合わせ」ページよりお願いいたします。

03-6555-2282

受付時間:平日 10:00~19:00