見栄えのするホームページには集客効果があります。数多くある制作会社の中で、どの会社に、どのような基準で依頼すればよいのでしょうか。

この記事では、千葉にあるホームページ制作会社の特徴を紹介します。集客力、費用、デザイン性などの強みの中で、何を重視するのかで決めましょう。

ホームページはいくらで作れるの?
最短1分でカンタン見積もり!

ホームページ作成サービスFLUX CMSではホームページ作成料金の無料診断を行っています。

・あなた好みのホームページを料金診断
・あっという間に見積もり完了
・質問に答えるだけだからカンタン

ホームページ作成に少しでも興味のある方はぜひお試しください。

【前提】制作を依頼する前にやっておくべき5つのこと

1. 料金相場を知る

ホームページ制作で潤沢に資金を使うにせよ、なるべくコストを抑えるにせよ、大まかな料金相場を知らなければその制作会社の料金設定が高いのか安いのかも分かりません。

本記事後半では、制作費の相場を記載しておりますので、併せてご覧ください。

2. 目的・ターゲットを明確にする

多くの会社が陥りがちなのが、ホームページを作成すること自体が目的化してしまうことです。どんな人をターゲットにしたいのか、訪問者にどんなアクションをしてほしいのか目的が定まっていないと、制作会社も作業に取り掛かれません。

大体の企業では以下にあげたような目的でホームページを作成することが多いです。参考までにご覧ください。

資料請求や問い合わせ

資料請求や問い合わせの窓口として、ホームページを活用している企業は数多くあります。ホームページなら、24時間365日体制で機能するため、将来の顧客になるかもしれない人と接触する機会を逃すことがありません。

また、オンラインの窓口を設置することにより、電話が苦手な層も取り込めます。

商品・サービスの販売

店頭だけではなく、ホームページでも販売することで、新しい顧客の獲得が可能です。ホームページでの販売には、お店に足を運べない人にもリーチできるというメリットがあります。

資料請求や問い合わせ同様、24時間365日、商品やサービスの販売ができることもメリットです。スムーズな取引を実現するために、受注から発送までのシステムをしっかり整えておきましょう。

企業の認知度向上・イメージアップ

ホームページは企業のブランディングにも活用できます。ブランディングにより企業の認知度向上やイメージアップに成功すれば、集客や売上の拡大、企業としての価値を高めることが可能です。

テレビCMや新聞広告は、以前から使われているブランディング媒体です。しかし、これらの媒体の利用には莫大な費用がかかります。ホームページはその点、費用対効果が優れているといえるでしょう。

店舗への集客促進

折込チラシやポスティング、店舗前での声かけなどは、今も有効な店舗への集客方法です。広告宣伝費を潤沢に使える企業であれば、テレビやラジオのCMを利用するという手もありますが、多くの店舗にとっては現実的な方法ではありません。

そこで活用したいのがホームページです。消費者の興味を引くコンテンツを充実させることで、集客へとつなげましょう。飲食店などの場合は、予約システムの実装も効果的です。

3. 必要な機能や項目を確認する

目的を決定したら必要な機能や項目を確認するためにサイトマップやワイヤーフレームを作成しましょう。

サイトマップとはサイトを制作する際に全体を俯瞰してみることができる構成図のことを指します。

ワイヤーフレームとはホームページのコンテンツやレイアウト(配置)を確認して、整理するための構成図のことを指します。

これらを作成することによって制作会社との情報共有もスムーズに行き、見積もりが安くできる可能性があります。

また、担当者や委託先を変更してもこれらの構成要素があることによって「自社サイトの全容を把握できない」といったトラブルを防止できます。

4. 予算・納期を設定する

予算を決めておくことにより、制作会社はどの程度機能を充実させるかを提案することができます。曖昧な予算設定だと制作会社は具体的な提案がしにくくなります。

また、納期も可能な限り決めましょう。納期次第では費用が変化するのでそこも含めて制作会社を決定しましょう。

5. 相見積もりをとる

正確な料金は会社ごと・案件ごとに異なるため、料金面を重視して委託会社を検討するなら相見積もりは必須です。なるべく詳細な依頼書を作成し、複数の候補業者に見積もりをお願いしてみましょう。

ただし、安さを重視した結果、クオリティも相応になる可能性は念頭に置いておかねばなりません。

以下の記事ではホームページ制作会社を決定する際に見積書の項目や制作費用以外で気を付けるべきポイントについて説明しています。ホームページ制作会社をある程度絞り、これから相見積もりをしようと考えている方は併せてご覧ください。

集客に強いホームページ制作会社

ホームページ制作の主な目的は、集客です。ホームページを作ってもあまり集客に影響していないようであれば、問題の原因を明らかにし、改善しなければなりません。集客につながるホームページを作ることは、業績向上にダイレクトにつながります。

1. TS-FORT

引用元:TS-FORT

TS-FORTは、千葉の中小企業を中心にホームページ制作やWEBシステムデザインを行っています。ホームページ制作数は350件、相談・依頼数は5,000件を突破しており、実績も十分です。

SEO対策やPPC広告の運用を適切に行うことで確実な集客力アップが見込め、さらに営業力、採用への応募率も高まります。SNSと連携させて情報を発信することもでき、注文数や問い合わせを効率的に増やします。見積もりや管理費は無料で、制作費も分割払いが可能です。

2. Shikama.net

引用元:Shikama.net

Shikama.netは、ホームページ制作や集客支援、SNS導入や活用支援などを行う会社です。ホームページ制作には1,000件以上の実績があり、マーケティング支援やコンサルティングなど幅広く事業を展開しています。

ホームページの改善やSNSやインターネット広告を活用することにより、ネット集客やアクセス数、問い合わせの増加が期待できます。CMSを活用することでホームページを自力で更新しやすくなり、運営費を大幅に節約可能です。

3. NOVELTY

引用元:NOVELTY

株式会社ノベルティは、ホームページ制作やデザイン、マーケティングやコンサルティングを手掛ける会社です。クライアントの目的を的確に調査・分析し、SEO対策を徹底して行います。マーケティングに強いという特徴を生かし、ユーザー目線でニーズに合ったコンテンツ作成をすることで、問い合わせを増やせるでしょう。

納品後も、ホームページの適切な運用のための充実したサポートプランを用意しています。

格安ホームページ制作会社

ホームページ制作の依頼にあたり、気になるのは費用です。とはいえ、安ければよいわけではなく、求めているクオリティを実現できることも大切です。自社の予算の範囲内で制作してくれる会社を探しましょう。

4. Quick Site

引用元:Quick Site

格安で管理費が無料のホームページを制作してくれるQuick Siteは、株式会社Webkidが運営しています。制作費は5万円からとリーズナブルで、最短で即日納品などスピーディーに対応します。

費用面だけでなく、プロのデザイナーやエンジニアによるデザインや最適化が行われるため、クオリティも十分です。運用が無料でできる上に集客性も優れており、機能も豊富です。予算や機能、デザインについて悩みがあれば対応してもらえるため、相談してみましょう。

5. Leah Support

引用元:Leah Support

Leah Support(リアサポート)は、ホームページ制作の管理やサポート、ウェブコンサルティングや紙面製作を手掛ける地域密着型の会社です。10万円以下のホームページ制作も可能で、迅速な仕事でコストパフォーマンスは良好です。

納品後2週間の無償サポートに加え、アフターケアが安価で受けられるなど、サポート体制も充実しています。見積もりや維持費、管理費も無料です。また、名刺やパンフレットなども一緒に依頼すると割引になるサービスもあります。

6. ホームページ制作千葉

引用元:ホームページ制作千葉

ホームページ制作千葉は、株式会社RGBデザインが運営しており、10万円程度からのプランがあります。レスポンシブWebデザインを採用しているため、サイトひとつの制作費用でPCやスマートフォンなど端末に合わせた表示が可能です。

クライアント自身がホームページを更新できる設計になっており、更新で疑問があれば無料でサポートしてもらえます。SEO対策にも優れていて、ノウハウのあるエンジニアがコーディングしてホームページを改善します。

デザインに強いホームページ制作会社

ホームページの印象を決める要素として、デザイン性も重要です。視覚に訴える美しい画像や動画を使ってサイト訪問者にアピールしたいならば、デザインに強い会社を選びましょう。

7. Webkid inc.

引用元:Webkid inc.

株式会社Webkidが運営していて、ホームページ制作をはじめ、広告・印刷物・映像制作も行っています。一貫したデザインで自社を宣伝したり、写真や動画撮影を任せたりすることも可能です。

Webkid incが手掛けたハイクオリティで印象的な画像や動画は高い評価を受けています。しかも美しいだけではなく、画像を適度に圧縮しソースコードを軽くすることで表示速度を高め、スムーズにサイトを閲覧できるのが特徴です。補助金を活用したプランでは、申請を含めてサポートしています。

8. MoON

引用元:MoON

Google Partner認定ウェブ制作会社であるムーングラフィカ株式会社は、ホームページ制作やウェブコンサルティング、映像制作やスタジオ運営などを手掛けています。そのため、ホームページだけではなく、ロゴや看板なども含めて統一感のあるデザインにすることも可能です。

「正しい時に、正しい場所で伝える」ことに重点を置いており、サービス動画やプロモーション動画の制作や、使い勝手がよくないサイトのリニューアルも行っています。水族館やオンラインショップなど幅広い実績があります。

9. Appleach

引用元:Appleach

株式会社アップリーチは、ホームページ制作からシステム・アプリ開発まで幅広い事業展開をしている、千葉県経営革新計画承認企業です。ホームページのユーザーの視点からサイトを設計し、クライアントと相談しながら仕上げていきます。クライアントが提示した画像や動画を活かすホームページデザインを行っており、多数の実績があります。

デザイン制作やデジタルマーケティングサポートも手掛けているため、ホームページ制作だけでなく総合的なサポートが望めるでしょう。

【目的別】ホームページ制作にかかる費用相場

さて、続いてこの章では、ホームページ制作にかかる費用相場について解説していきます。

意外にもホームページ制作にかかる費用はピンキリで、依頼する制作会社や実装したい機能によって制作費用は大きく変化します。この章で提示している目的別の費用相場はあくまでイメージをつかむための目安・参考程度に考えてください。

1. 必要最低限のホームページ

ホームページとして最低限の機能さえあれば良いという方は50〜150万円くらいの制作費用を想定しましょう。50〜150万円はホームページ制作費用の中ではかなり安価な価格帯に属します。

具体的なホームページ制作方法としてはホームページ制作ツールの既存テンプレートを用いた制作になります。ただし、この価格でオリジナリティ溢れるホームページを制作することは難しいです。

2. 一般的なホームページ

オーソドックス普通のホームページを制作したい方は150〜500万円くらいのホームページ制作費用を想定しましょう。ホームページ制作会社に依頼すると、大抵、この150〜500万円の間に収まります。

具体的なホームページ制作方法としてはクライアントからのヒアリングをベースにゼロから制作する方法が一般的です。依頼者側の希望を踏まえた上で、デザインやコーディングをしていくため、ある程度オリジナリティのあるホームページを制作することができます。

3. オリジナリティを追求したホームページ

オリジナリティ溢れる高品質なホームページを制作したい方は500万円以上の制作費を想定しましょう。より多くの人たちが制作に携わるため、プロジェクトは大規模化し制作期間も半年ほどになります。単にホームページを作るだけではなく、ブランディングの観点もゼロから一緒に考えたり、他にはないハイクオリティなホームページを作ったりできます。

【番外編】フリーランスに依頼する場合

制作会社に依頼する以外にもフリーランスに依頼してホームページ制作をする方法があります。フリーランスに依頼するメリットはコストをより低価格に抑えられることです。

例えば、Lancers(ランサーズ)というフリーランス紹介サービスで作成する場合を考えてみましょう。Lancersで作成すると、1〜10ぺージの場合は5〜40万円で11〜20ぺージの場合は5〜80万円がおおよその相場です。しかしながら、低コストな分、以下のデメリットも存在します。

・品質が保証されていない
・突然廃業するリスクがある
・納期に遅れる可能性がある
・作業内容に得意・不得意が出やすい


フリーランスへの依頼を検討している方は、ここで紹介したデメリットがあるということを理解しておく必要があるでしょう。また、以下の記事で他にも安心して制作を任せられるフリーランスを選ぶポイントについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ホームページ制作会社選びで失敗しない3つのポイント

1. 同業種のホームページ制作実績の有無

その制作会社がどのような業種の企業と取引実績があるのかを調べることも重要です。また、制作実績の一覧ページから、どのようなポイントに注力してホームページを制作しているのか読み取ることも大切です。

自社と同業種のホームページ制作経験が豊富であれば、こちらが求める要件も理解されやすく、制作会社側からノウハウを提供してもらえることも期待できるでしょう。

2. サイト開設後のサポート体制のチェック

ホームページが納品された後は、自社で更新作業や保守運用などをおこなっていかなくてはなりません。しかし、運用途中で何かトラブルが生じる可能性があります。そのため、開設・リニューアル後のサポートをどこまでおこなってくれるのか確認しましょう。

とりわけ初めて更新作業をするときには混乱が予想されるます。制作会社の方からサポートスタッフを派遣してもらったり、更新に関わる社員に対して、講習会などを実施してもらったりして、サイト開設後更新作業をスムーズに進めましょう。

ホームページの開設・リニューアル後に必要な保守運用の作業としては主に以下の5つがあります。

1. ドメインやサーバーの維持・管理
2. SSLサーバ証明書の維持・管理
3. CMSのアップデート
4. データのバックアップ
5. 外部連携の仕様変更対応


これらの作業は運用代行会社に外注して行うこともできますが、その場合は費用としておよそ1~5万円かかります。
運用保守についての詳細な情報は、こちらをご覧ください。

3. ホームページの更新やページの追加

ホームページのコンテンツは継続的に更新して情報を最新の状態に保っていく必要があります。しかし、この更新作業まで外部企業に丸投げすると毎回作業費が発生してしまい、さらに予算が必要です。

ホームページ開設後の更新・運用はできれば自社でおこなうことを前提にしましょう。そのためには、自社で運用しやすいようにシステムを整備してくれる制作会社を選ぶのがよいでしょう。

ホームページの更新やページの追加は、運用改善と呼ばれる作業に分類されます。運用改善は、ホームページを通したビジネスでより良い成果を生み出すために重要な段階であり、ホームページの更新やページの追加以外にも、主なものとしては以下の4つの作業が挙げられます。

1.問い合わせ対応
2.分析・改善
3.トラブルや緊急時対応
4.集客

運用改善の作業はより良いホームページ運用のために不可欠な部分ですが、その作業内容は複雑なものも多いです。これらを外注しようとした場合、5万円で収まるケースもあれば100万円以上かかることもあります。

ホームページの更新やページの追加以外の運用改善の作業を考慮すると、自社で対応できる部分はなるべく自社で作業を行えるようにシステムを整備することが重要になってくるでしょう。制作会社を選ぶ際には必ず確認することをおすすめします。

ホームページの運用について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。運用保守、運用改善に関する詳しい解説と併せておすすめの運用代行会社も紹介しています。

まとめ

ホームページ制作会社にはそれぞれの強みがあります。値段、デザイン、集客力などから、制作目的に合った会社を選びましょう。事前にアフターサポートや更新方法をリサーチして、求めている条件とマッチしている会社に依頼することも大切です。

まず、無料相談などを利用して、いくつか候補を絞って見積もりをとることからはじめてはいかがでしょうか。

ホームページはいくらで作れるの?
最短1分でカンタン見積もり!

ホームページ作成サービスFLUX CMSではホームページ作成料金の無料診断を行っています。

・あなた好みのホームページを料金診断
・あっという間に見積もり完了
・質問に答えるだけだからカンタン

ホームページ作成に少しでも興味のある方はぜひお試しください。