現代社会では、あらゆる業界において競争優位を獲得するためにはホームページの作成が不可欠です。特に、建設業が提供する製品・サービスはそのほとんどが顧客にとって高額な買い物となるため、ホームページを活用して会社の魅力や信頼性を適切にアピールする必要があります。

しかし、実際にホームページを作成するとなると、どんな情報を掲載すべきか、デザインはどうすればいいのかといった悩みを抱える方も多いことでしょう。

そこで、本記事では以下の内容を中心にしてお伝えしています。

  • 参考にしたいホームページ事例
  • 建設業に特化したホームぺージ制作会社
  • 作成する際に気をつけたいポイント

初めてホームページを作成する方も、既存のホームページのリニューアルを検討している方も、ぜひ参考にしてください。

ホームページはいくらで作れるの?
最短1分でカンタン見積もり!

ホームページ作成サービスFLUX CMSではホームページ作成料金の無料診断を行っています。

・あなた好みのホームページを料金診断
・あっという間に見積もり完了
・質問に答えるだけだからカンタン

ホームページ作成に少しでも興味のある方はぜひお試しください。

【前提】建設業におけるホームページの必要性

日本の建設業界において、デジタル技術の活用が優先事項となっている企業が増えてきました。しかし現状では、ホームページが存在しない建設会社も少なくありません。

IT化が加速する現代市場で競争優位を確立するためには、デジタル技術の活用が不可欠です。

1. 社会的信用を示すため

スマートフォンの普及により、出先からでも手軽に必要な情報を集められる現代で、ホームページは社会的信用を示すといっても過言ではありません。会社の情報や理念、施工事例などを掲載することで企業の実態を証明し、信頼獲得の機会を生み出します。

2. 受注を獲得するため

ホームページに問い合わせフォームを設置すれば、そのやり取りから受注につながる可能性も大いにあるでしょう。また、依頼する建設会社を決めきれずに迷っている方にとっては、ホームページ上から気軽に問い合わせられる仕組みは非常に便利なツールであると考えられます。

3. 認知度を向上させるため

ホームページは会社の顔であると同時に、高い集客効果が期待できるWeb上の企業広告です。自社の信頼性や実績をアピールするために、ホームページは必要不可欠なメディアだといえます。

現代社会では、何か情報を得たい時に大半の人はインターネット上で検索するので、ホームページを開設しているか否かは世間からの認知度にも大きく影響するのです。

建設業のホームページ事例7選

ここからは、建設業のホームページ作成において、非常に参考になる事例6選を紹介します。インフラメーカーや建築会社、設計事務所など、建設業に従事するさまざまな企業のホームページを参考事例として集めました。これからホームページの制作やリニューアルを検討している企業は参考にしてください。

1. 株式会社丸徳鉄工

引用元:株式会社丸徳鉄工ホームページ

株式会社丸徳鉄工は、岐阜県で水門や橋梁などの施工・管理に携わるインフラメーカーです。同社のホームページは、全体的に落ち着いた印象を与えているとともに、デザイン性の高い点も大きな魅力です。

企業の歴史や自社ならでは強みをトップページに打ち出し、実績が豊富である企業だということが一目でわかります。実績紹介のページでは、今まで手掛けてきた施工事例が写真付きで丁寧に紹介されており、閲覧者に安心感を与えています。

2. 七浦建設株式会社

引用元:七浦建設株式会社ホームページ

七浦建設株式会社は、栃木県に本社を構える土木・建築会社です。創業110年という歴史を誇る老舗企業でありながら、斬新かつスタイリッシュなデザインが訪問者の目を引き付けます。

また、jQueryやJavaScriptを採用した動きのあるデザインに仕上げているのも特徴的です。トップページと固定されたヘッダーメニューには、それぞれ事業案内や施工事例のリンクが張られており、必要な情報へ素早くアクセスできるような工夫が施されています。

3. 山創株式会社

引用元:山創株式会社ホームページ

山創株式会社は、岐阜県で土木工事や内装工事などを営む企業です。輻射熱を大幅にカットする施工技術を提供している会社だということが、トップページからしっかりと伝わってきます。

図解を用いた解説や工法の特徴など、わかりやすい解説が掲載されており、閲覧者が興味を持って読み進められるのもポイントです。

施工事例のページでは、作業風景やお客様の声も掲載されているなど、自社ならではの強みをアピールしながらも、信頼の獲得につながるサイトになっています。

4. 株式会社万建設興業

引用元:株式会社万建設興業ホームページ

株式会社万建設興業は、栃木県で建設業や不動産業を営む企業です。ファーストビューで流れる美麗なムービーは、事業のスタートが木工所であったことを連想させるものになっています。

カテゴリ別でフォントを使い分けるなど、細部にまでこだわりが感じられます。事業内容と施工実績は、それぞれ居宅・大型建築・システム建築などにわけて格納されていて、閲覧者のニーズに合わせた情報へ素早くたどり着けるよう設計されたホームページです。

5. 株式会社ケイミックス

引用元:株式会社ケイミックスホームページ

株式会社ケイミックスは、河川や下水道などのインフラ管理や建物のメンテナンス事業を展開している企業です。企業ロゴをそのままスクリーンに見立て、都市開発をイメージしたムービーを映し出すことで、事業内容をうまくアピールしています。

上部に設置されたタブにカーソルを合わせるとカテゴリがサムネイルで表示されるなど、直観的に必要な情報を見つけやすくなっているなど、ユーザビリティに優れているのもポイントです。

6. 株式会社喜信

引用元:株式会社喜信ホームページ

株式会社喜信は、福岡県にあるエクステリアを設計・施工する企業です。癒しを象徴するグリーンを基調としたデザインが安心感を与えるトップページです。

施工事例やカテゴリなどがわかりやすく掲載されているだけでなく、顔写真付きのスタッフ紹介ページを用意するなど、高い信頼度が得られる内容になっています。SNSでの情報発信にも力を入れていて、幅広い層へ積極的にアピールする姿勢がうかがえます。

7. 鹿島建設株式会社

引用元:鹿島建設株式会社ホームページ

鹿島建設株式会社は東京都港区に本社を置く建設会社で、土木工事をはじめとして建設工事全般を受託しています。「100年を作る会社」というキャッチフレーズが印象的なホームページを掲げており、信頼感を彷彿とさせるトップページになっています。

過去の施工事例や強みとしている技術・サービスについても、ホームページ内でカテゴリー別に画像を豊富に使用して紹介されているので、依頼を検討している人に有効な情報が効果的にまとめられていると言えるでしょう。

また、ページ上部に設置されているメニューバーやサイト内検索機能により、ホームページを訪れたユーザーが知りたい情報を見つけやすくする工夫も伺えます。

より多くの制作事例を参考にしたい場合は以下のギャラリーサイトを活用すると良いでしょう。

引用元:UARAGAWA不動産・建築・空間・施設紹介ページ

URAGAWAにあるホームページはどこの制作会社で創られたのかがわかるようになっています。そのため、ホームページ制作会社に依頼してサイトを作ろうと思っている人にはおすすめのギャラリーサイトです。

また、特集ページではホームページ制作のウラガワを見ることができます。どのような過程で設計されているのかがわかるのも魅力です。

建設業向けのホームページ制作会社3選

ここでは、建設業向けのホームページ制作会社を紹介します。ホームページ制作の外注を検討している方はぜひ参考にしてください。

1. BRANU株式会社

引用元:BRANU株式会社ホームページ

BRANU株式会社は建設業を中心に、約5,000件のホームページ制作実績を誇る制作会社です。実際に制作実績を見ても、写真を豊富に使用した制作が目立ち、建設業が施工事例や自社の強みを適切にアピールすることができるでしょう。

また、制作後のサポートが充実しているので、初めてホームページを作成する方でも安心です。初期費用は0円から作成可能です。費用の詳細については実際にお問合せください。

2. 株式会社D-GRIP SYSTEM

引用元:株式会社D-GRIP SYSTEMホームページ

株式会社D-GRIP SYSTEMは、東京都新宿区で事業を営むホームページ制作会社です。建設業界のホームページ制作を得意としており、その制作実績は1,000件以上となります。また、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスからの閲覧に最適化したホームページを作成できるのも当制作会社の特徴のひとつです。

3. 株式会社リアライズ

引用元:株式会社リアライズホームページ

株式会社リアライズは、ホームページからの集客を充実させるために不可欠なSEO対策を強みとしている制作会社です。建設業のホームページ制作実績も豊富で、特に集客に悩みを抱えている人は一度、当制作会社の制作実績等を閲覧してみるといいでしょう。

建設業のホームページに掲載すべき内容

これまで、建設業の優れたホームページ事例を紹介してきましたが、実際にホームページを作成する場合にどのような情報を掲載すればいいのか、ホームページ作成サービスFLUX CMSで制作したホームぺージを紹介しながら、以下でまとめました。ぜひ参考にしてください。

ホームページ作成サービスFLUX CMSへのお問い合わせはこちら

会社紹介

引用元:ミチワキ建翔 会社概要ぺージ

会社紹介は基本中の基本です。きちんとした会社であることを伝え、最低限の信頼を獲得するためにも必ず記載しましょう。具体的には、会社名・資本金・社員数・主要取引先・設立年月日・代表者名・住所・電話番号・メールアドレス・事業内容などを含みます。項目が多い場合は表を作成するなど、見やすくする工夫も必要です。

こうした会社の基本情報だけでなく、最近では会社紹介用の動画を制作する企業も増えてきています。施工現場の様子を動画で紹介すれば、文章だけを掲載するよりも効果的に現場の雰囲気を理解してもらいやすくなるでしょう。

施工事例紹介

引用元:ミチワキ建翔 施工事例ぺージ

過去の施工内容を紹介する重要なコンテンツです。完成後の写真だけでなく、ビフォーアフターをセットで掲載します。

できれば工程ごとの写真に作業内容を説明する注釈文を付け、工期も記載すると、お客様は工事の様子やスケジュールをイメージしやすいでしょう。写真を撮る際は、同じ角度から、変化が見やすいように撮影することが鉄則です。

事例は多いほど信頼につながるので、一度ページを作成して終わりでなく、定期的に更新していくとよいでしょう。制作会社にホームページの制作を依頼する場合は、Webデザインの専門知識がない人でも更新できるよう設計してもらってください。

また、施工事例を写真付きで掲載するときには、トラブルを避けるためにも、事前にお客様の承諾を得てからにしましょう。

自社の強みや特徴

引用元:ミチワキ建翔 自社紹介ぺージ

お客様は複数の会社を比較して、最も条件に合うところを選ぶため、他社にはない特徴や自社ならではの強みを知ってもらう必要があります。

企業理念や施工のこだわり、アフターサービスなど、自社に依頼することのメリットをひとつでも多く記載しましょう。

例えば、自社が得意としている建築のイメージ等について、できるだけ画像や動画を多く使い紹介することが考えられます。また、信頼感をアピールするために、仕事中の風景や職人の人物紹介を掲載することも効果的でしょう。

代表者の挨拶

引用元:ミチワキ建翔 会社概要ぺージ

代表者の挨拶を掲載することで、「どんな人がどのような理念で経営しているのか」を知ってもらえます。特に企業の経営者は、依頼先企業の代表者挨拶に目を通す傾向があり、「ビジョンに共感できる」ことを理由に依頼するケースも少なくありません。

建設会社は素材や技術で他社との違いを出しにくい場合もあるので、人間性の観点から信頼感をアピールすることが大切です。

実績を数値で説明することも必要ですが、代表者の人となりや想いを伝えることで、より親近感を持ってもらいやすくなります。文章で説明するだけでなく、なるべく顔写真も用意したほうが、お客様の信頼を得やすいでしょう。

サービス内容

引用元:イナバ建装 サービス案内ページ

どんなサービスを提供しているのかを紹介するページです。建設の工程は、工事前の調査・診断から建築プランの提案、見積もりの提案、実際の工事、工事後の点検まで多岐にわたります。

工事の流れを具体的に説明している企業は、そうでない企業に比べて、お客様に安心感を持ってもらいやすくなります。

また、工事後のアフターサービスの内容も、お客様が重視するポイントです。どのような保証を設けているのか、期間はどのくらいかといったことも一緒に記載すると良いでしょう。

料金説明

引用元:ミチワキ建翔 料金案内ぺージ

建設業の工事単価は、使用する材料や延床面積によって変わってきます。それらが一目でわかるよう、料金表を活用しましょう。

工事内容を規模や工事場所といった具合に区別し、それぞれで料金を設定しておくと、お客様としても必要な費用がイメージしやすくなります。

実際に依頼を受けてからでないと、正確な見積もりができないこともあると思いますが、事前に費用の見当がついたほうが、問い合わせのハードルが低くなりますし、見積もり後のキャンセル低減にもつながるため、モデルケースなども紹介するとより親切です。

見積もり相談

見積もり相談用のページを設置しておくと、単に問い合わせフォームだけを設けているケースよりも、依頼の心理的ハードルが低くなります。具体的には、依頼から見積もりが出るまでの手順や期間、見積書の有効期限などを記載しましょう。

お問い合わせフォーム

引用元:ミチワキ建翔 お問い合わせぺージ

会社に興味を持ってくれたお客様がページから直接連絡を入れられるように、必ず問い合わせフォームを設置しましょう。

電話やメールから問い合わせを受け付けることも可能ですが、中には電話をかけるのが苦手、もしくは忙しくて営業時間内にかけられないという人もいますし、メールソフトを開いてアドレスをいちいち入力するのが面倒に感じる人もいます。

お客様が気軽に問い合わせできるよう、専用のフォームを設置したほうが親切でしょう。

また、問い合わせフォームの設置場所も重要です。ホームページに訪問したお客様は、まずは会社紹介や料金、実績などから閲覧し、「この会社に頼みたい」となってから問い合わせを考えるため、あまりページの上部に配置しても意味がありません。

専用の問い合わせページを設けても構いませんが、そこからしか問い合わせができないと、ほかのページからわざわざ移動する手間が生じるので、各ページの下部に配置することをおすすめします。

採用情報

ホームページは、お客様だけでなく求職者も見るものなので、採用情報も載せておきたいところです。募集要項だけでなく、会社のミッションや求める人材・スキルを掲載しておくと、求職者は自分の理想や現状とミスマッチがないかを把握できます。

より会社のリアルな姿を知ってもらいたい場合には、社員インタビューを通して具体的な仕事内容や1日の流れ、やりがいに感じていることなどを紹介するのもよいでしょう。実際にその会社で働く姿がイメージできるよう内容を充実させておけば、求職者も理解や関心が深まります。

ここまで、ホームページ作成サービスFLUX CMSの制作事例を使いながら解説してきましたが、いかがでいたか。FLUX CMSでは初期制作費用0円、月額9,000円からホームページを作ることができます。こんなホームページを作りたい、と思った方は是非一度お気軽にお問合せください。

今すぐ話を聞いてみる

建設業のホームページでやりがちな3つのNGポイント

多数のユーザーをターゲットとして、企業広告の役割を果たすホームページは、顧客との接点を生み出して受注へとつなげることを目的のひとつとします。

建設業のホームページの場合、いかに安心感と信頼感を閲覧者に与えられるかが重要な点といえるでしょう。ここからは、建設業のホームページでやりがちなNGポイントについて解説します。是非参考にしてください。

1. 事例紹介が少なく施工のイメージが湧きづらい

建設業のホームページにおいて施工事例の掲載は非常に重要です。施工事例は企業の高い技術と深い知識を裏付けるため、施工事例が多く詳しく掲載されているほど、依頼を検討する顧客にとってプラスの参考資料となります。

反対に施工事例が乏しい場合は、企業の技術力が閲覧者に伝わりづらいため、説得力に欠けてしまう恐れがあるでしょう。

そのため、訪問者が具体的にイメージできるような施工事例の解説や、より魅力的な写真付きで発信し、受注率を高めましょう。

2. 自社の強みがわかりづらい

企業は顧客に選ばれる立場にあるため、いかに自社の強みや専門性をアピールするかといった戦略はとても重要です。

しかし、他社と差別化した自社の強みを明確化できていなかったり、積極的なアピールそのものが苦手な企業が多く、建設業が解説しているホームページを見ても、企業独自の強みがわかりづらいケースも少なくありません。

建設業の顧客は、住宅の建築や基礎工事、外構工事や造成工事といった、大規模な仕事を依頼するため、依頼先の技術力や信頼性を厳しく精査します。

つまり、多数の企業の中から選ばれるためには、自社の強みや専門性、実績を積極的にアピールしてこそ成果につながるホームページが完成するのです。

3. ユーザーへの配慮が足りない

ユーザーにとって見やすく、使いやすいホームページでなければユーザーは離れてしまいます。ゆえに、ホームページを作成する際にはユーザーへの配慮が不可欠なのです。

ユーザーファーストを意識してホームページを作成しようとした場合、「UI・UX」という概念が重要です。それでは簡単に、「UI・UX」についてみていきましょう。

まず、UIとは「ユーザーインターフェース」の略で、ホームページの操作性やデザイン性のことを指します。具体的にはホームページそのもののデザインやフォント、色などがそれにあたります。

ユーザーにとって必要な情報がどこに書かれているのかが分かりやすいデザインにすることや、重要な情報やユーザーにとって有益な情報が他の内容と比較して目立ちやすいようにフォントや配色を工夫することがUIの充実度を高めるでしょう。

次に、UXについてです。UXとは「ユーザーエクスペリエンス」の略で、製品やサービスを通じて得られる体験のことであり、ホームページにおけるUXは「簡単に問い合わせができた」「すぐに知りたい情報が手に入った」というようなことです。

ユーザーファーストを意識してホームページを作成するには、デザインを熟考する必要があります。以下の記事では、ホームページを作成する際にデザインで注意すべきポイントについて解説していますので、参考にしてください。

これまで、建設業のホームページで避けたいNGポイントについて解説してきましたが、実際に意識しながらホームページを作るのは困難でしょう。

そこで、建設業のホームページ制作実績が豊富なFLUX CMSはいかがでしょうか。

ホームページ作成サービスFLUX CMSは、初期費用0円、月額9,000円〜プロと一緒にホームページを作成できるサービスで、「知識ゼロでも安心して任せられた」と初心者の方からも好評です。カンタンな操作画面で、施行事例の更新や料金変更などの文章変更などすぐに変更できます。

少しでも興味の湧いた方は、ぜひ一度お気軽にお問合せください。

今すぐ話を聞いてみる

ホームページと併用したい集客方法3選

ホームページを作成した後にすぐに集客をできるわけではありません。ホームページ内でブログなどのコンテンツを発信し閲覧者を増やしたり、SNSの開設をして作成したホームページをリンクすることでより集客力がアップします。以下でホームページに関連する集客方法を詳しくみていきましょう。

1. ブログ

ホームページだけでなくブログも運用次第で強力な集客の武器となってくれます。ブログはホームページに比べて最新情報を詳しく提供するのに適しています。

例えばホームページの施工事例では建物のビフォーアフターくらいしか載せていない場合、ブログでは着工から竣工までの作業現場の様子をリアルタイムで報告するといった使い方が可能です。

実際に工事を担当している職人の作業風景や顔がわかることで、お客様に親しみや信頼感を持ってもらいやすくなります。

また、家づくりの業者選びでは顧客の声が決定打となるケースも多いため、過去に自社で工事を担当したお客様の感想も紹介できるとよいでしょう。

現状では建設業に関するブログはそこまで数が多くありません。つまり、需要がある一方で競合が少ないということです。

閲覧者数を増やすためにはSEO(検索エンジン最適化)の知識が不可欠であり、継続的に記事を執筆していく必要がありますが、うまく行けば検索結果で上位表示を狙うことも可能です。SEO対策の具体的な方法は様々ですが今回は3つ紹介します。

1. キーワード選定

ブログや記事を制作する際にまず行うのはキーワード選定です。やみくもに文章をアップするのではなく、見込み客が検索しそうなワードを考えたうえで文章を執筆しましょう。

例えば「リフォーム 相場」というキーワードを選定したら、このキーワードに基づいて記事を書いていきます。

2. 量より質を重視した読みやすいコンテンツ

Googleなどの検索エンジンに良質なコンテンツと認めてもらうには質を重視する必要があります。具体的には短めの文章であっても800字以上あるといいとされています。また読みやすい文字数は1800字ともいわれています。

3. タイトルとディスクリプション

すべてのWebサイトには「HTML」(エイチティーエムエル)と呼ばれる情報コードが組み込まれています。

コードのなかに「title(タイトル)」と「description(ディスクリプション)」という箇所があり、ここに検索にヒットさせたい文字を設定しておくと、Googleが認識してそのページが表示される仕組みです。

そのため、タイトルとディスクリプションにユーザーが検索すると思われるキーワードを設定しておけば自社サイトへ誘導できる可能性が高まります。

以下の記事では他のSEO対策について説明や、SEO対策には欠かせないGoogle search consoleやGoogleアナリティクスについてより詳しく説明しています。併せてご覧ください。

集客を意識してホームページを作成するのは、非常に難しいでしょう。しかし、集客重視のホームページも、ホームページ作成サービスFLUX CMSなら低価格でカンタンに実現できます。

FLUX CMSは、初期費用0円、月額9,000円〜、プロに相談しながらホームページを作れるサービスです。

ブログ機能はもちろん、キーワード選定やタイトル設定などのSEO対策もプロにお任せできるのでぜひ一度、無料相談をお試しください。

今すぐ話を聞いてみる

2. SNS

TwitterやFacebook、LINE、InstagramなどのSNSを運用していると、ホームぺージとSNSの間を遷移でき、顧客を様々な経路から流入させることができます。

そしてSNSは近年では若年層だけでなく幅広い世代の購買行動に影響を与えていることから、会社の情報発信やブランディングのツールとして活用している建設業者も増えてきています。

SNSで発信する内容はホームページでは伝えられないような社内の雰囲気などを掲載すると良いでしょう。

SNSで定期的に情報を発信していけば、現段階では建設業者を探していなくても、必要になったときに思い出してくれる可能性があり、その意味でSNSは見込み客への潜在的なアプローチができるツールといえるでしょう。

SNSをきっかけにその会社を認知したお客様がホームページから資料請求を行い、そこから受注に至るケースもあるため、ホームページと組み合わせての運用も効果的です。

SNSのメリットとしては、無料で運用できることや最新情報をリアルタイムで届けられること、拡散力の大きさなどが挙げられます。

一方、炎上のリスクがあること、フォロワーを増やすためには魅力的な文章や画像を用いる必要があること、継続的な更新が必要なことなどがデメリットです。

ここからは、数あるSNSとそれぞれの特徴について紹介していきますので、どのSNSを運用するか検討する際の参考にしてください。

また、建設業界のなかでも特にSNS集客に長けている清水建設のSNS活用事例を合わせて掲載していますので、是非ご覧ください。

Instagram

Instagramは、写真や動画の投稿に特化したSNSです。写真を使って実際の施工事例をアピールするには打ってつけのツールでしょう。

綺麗な写真を撮れるか不安な方でも、Instagramにはあらかじめ画像加工用のエフェクト等が用意されているので、写真を撮った後でも思うように編集することができます。

また、施工事例だけでなく、建設現場を作業員ならではの視点から見た写真を投稿することで、ユーザーの興味を惹くこともできるでしょう。

活用例

引用元:清水建設Instagramページ

Twitter

Twitterでは、140文字以内の短文と画像、動画などを投稿できます。発信できる情報量が少ないため、伝えたいことを端的にまとめることが大切です。Twitterにはリツイート機能があるため、爆発的な情報拡散を狙えます。

建設業での活用例としては、イベント情報の更新や、ホームページやInstagramなど他のツールを更新した際のお知らせを発信することが挙げられます。また、ニュースリリースや採用情報の投稿にも活用できるでしょう。

活用例

引用元:清水建設Twitterページ

Facebook

Facebookは、世界中に多くのユーザーを持つSNSです。Facebookには、企業用のページを簡単に作れる機能が搭載されているほか、検索で上位表示されやすい「SEOへの強さ」があります。したがって、Facebookはビジネス向きのSNSだといえるでしょう。

Facebookは実名登録が原則なので、ほかのSNSよりも「信頼感」があります。ビジネスの情報を無料で発信できるため、運用するうえでのハードルが低いことも特徴的です。

ただし、Facebookのユーザーは新鮮な情報を求める傾向があるため、コンテンツをまめに更新する必要があります。

清水建設の場合は、Facebook用にコンテンツを作成して投稿されているので、統一感のある、また更新頻度の高いアカウントになっています。

活用例

引用元:清水建設Facebookページ

YouTube

YouTubeは、世界一の動画投稿サイトです。再生回数に応じて広告料が入る仕組みがあり、うまくいけばプロモーションだけではなく、広告収入を得ることも可能です。

動画を使うと、商品やサービスについて、ユーザーによりわかりやすく説明できます。また、動画を企業のイメージアップやブランディングに利用することも可能です。

ただし、YouTubeでは、投稿ルールが細かく定められているため、それに沿った動画を制作する必要があります。

実際に、清水建設のYouTubeチャンネルでは会社紹介動画や自社のサービス紹介の動画が投稿されています。また、グローバルなSNSであることから、英語の動画を投稿しているのも真似したいポイントのひとつです。

活用例

引用元:清水建設YouTubeチャンネル

3. 建設会社紹介サイト

建設業向けのポータルサイトやマッチングサイトも活用しましょう。代表的なサイトとしては、「CAREECON(キャリコン)」「請負市場」「CraftBank(クラフトバンク)」「KIZUNA(キズナ)」「KentemLINK(ケンテムリンク)」「ツクリンク」などが挙げられます。

登録料は無料としているサイトが多いようですが、中には案件の閲覧可能数や登録可能数に制限があるサイトや、オプション機能の使用に料金がかかるサイト、一律で有料としているサイトもあります。今回は例として3つの建設会社紹介サイトを紹介します。

CAREECON

引用:CAREECON

CAREECON(キャリコン)は建設会社同士をマッチングし、現場の人手不足を解消するシェアリングプラットフォームです。職人の方々をスマホ上にてオンラインマッチングすることで、業界の非稼働時間の最適化を実現することを目的としています。従来の紹介だけに頼らずとも、仕事の受発注ができる新しい仕組みを提供しています。

請負市場

引用:請負市場

請負市場は建設業界の発展と技術向上を目指して人々に安心安全な暮らしを提供することを目的としているマッチングサイトです。請負市場に登録している企業は19,000社以上の事業者さまの中からマッチングすることができます。

CraftBank

引用: CraftBank

クラフトバンク(CraftBank)は案件を建設会社に直接依頼できる建設業界特化型の工事マッチングサイトです。建設会社は、繁忙期・閑散期に左右されず、工事マッチングを通じて安定的な事業成長をすることができます。20,000社以上の会社が建設事業を受発注しています。

会社紹介サイトのメリットは、広告掲載までのスピードが速い点や、ホームページと違って制作コストがかからない点です。

また、サイトによってはすべての登録企業に対して第三者機関の与信チェックが行われるため、そこに名前が掲載されているだけで、見込み顧客からの信頼が得られるといったメリットもあります。

ただ、掲載数が多いほど競合も多くなり、他社と並列での掲載となるため、費用をかけても受注に結びつかないこともあります。自社の強みを押し出した自由度の高い設計を希望する場合には、ホームページの方が適しているといえるでしょう。

以下の記事では建設業の集客対象やリスティング広告など集客方法も紹介されています。詳しく知りたい方は、あわせてご覧ください。

まとめ

IT化が進む現代の日本において、いまや企業のホームページはあって当たり前のものになってきました。建設業界の場合でも、ホームページを開設すれば高い集客効果に期待が持てます。

ホームページの制作やリニューアルを検討していても、専門的な知識に不安を抱いていたり、人手不足により運営が難しかったりという課題を抱えているのであればなら、この機会にFLUX CMSの無料相談サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

ホームページはいくらで作れるの?
最短1分でカンタン見積もり!

ホームページ作成サービスFLUX CMSではホームページ作成料金の無料診断を行っています。

・あなた好みのホームページを料金診断
・あっという間に見積もり完了
・質問に答えるだけだからカンタン

ホームページ作成に少しでも興味のある方はぜひお試しください。