「静岡県でホームページ制作会社を探したい」「選ぶ基準がわからず困っている」、このような悩みをお持ちの方は多いでしょう。

そこで、「実績」「デザイン」「マーケティング」「格安」4つの特徴ごとに静岡県のおすすめのホームページ制作会社をまとめました。

ホームページ制作会社選びのポイントや費用相場などについても紹介しているのでぜひ参考にしてください。

ホームページはいくらで作れるの?
最短1分でカンタン見積もり!

ホームページ作成サービスFLUX CMSではホームページ作成料金の無料診断を行っています。

・あなた好みのホームページを料金診断
・あっという間に見積もり完了
・質問に答えるだけだからカンタン

ホームページ作成に少しでも興味のある方はぜひお試しください。

目次

静岡県で実績があるホームページ制作会社3選

ホームページ制作会社を選ぶには、「実績」から判断するのが安心・安全な手段の一つです。

ホームページを制作する上で失敗せず、満足度の高い制作を依頼したいと考えるならば、以下から紹介する3社がおすすめです。

1.株式会社トモガラ

参照元:株式会社トモガラ

「株式会社トモガラ」は、お客様やビジネスパートナーと堅い絆で結ばれた同志でありたいという想いを根底に持ち、ホームページ制作をはじめとしたサービスを手掛けています。

各分野のスペシャリストで構成されており、豊富な知識と実績を持つWebディレクターを筆頭に、実務経験5年以上の厳選したデザイナー、コーダー、エンジニアが在籍しています。

大手企業から上場企業、官公庁といった大手Webサイトの制作実績が多数あり、圧倒的な技術力とスムーズな進行管理が強みです。

年間の平均対応件数は500件を超える実績があります。

2.株式会社アーティス

参照元:株式会社アーティス

「株式会社アーティス」は、「使いやすいITと上手なコミュニケーションで笑顔をふやす」をミッションに定め、情報の受発信に関するデザインやシステムの作成を行っています。

ホームページ制作数は3,000を超え、様々な業種・業態ホームページ制作から培ってきた経験則やノウハウを持ちます。

株式会社アーティス「お客様満足度調査」によると、制作物全体に対するお客様満足度は100%を達成しています。

3.株式会社NOKIOO

参照元:株式会社NOKIOO

「株式会社NOKIOO」は、300社以上のWebサイト開発実績を上げ、Webサイト構築・運用支援までを一貫して任せられます。

依頼主の制作意図を組み込み、「Webサイト経由で新規取引先を獲得したい」「自社にWebに詳しい人材がいないためゼロから手伝ってほしい」といった課題を解決してくれます。

静岡県でデザインが得意なホームページ制作会社3選

次に、デザインが得意なホームページ制作会社を3選紹介します。

良質なデザインや「らしさ」を表すデザインは企業イメージに大きく関与する大切なところです。

細部までこだわったデザインのホームページは、以下から紹介するホームページ制作会社に任せましょう。

1.MP株式会社

参照元:MP株式会社

「MP株式会社」は、目的に合わせたホームページ制作を得意とします。

ホームページ制作においてさまざまな目的がある中で、打ち合わせを密に行い、成果につながるホームページを提案していただけます。

企画・設計からデザイン・コンテンツ作成・コーディング・ブラウザチェックまで徹底的な管理がなされたホームページをもつことが可能です。

2.ルカデザイン合同会社

参照元:ルカデザイン合同会社

「ルカデザイン合同会社」は、品質の高いWebサイトを、静岡の価格感で提供するホームページ制作会社です。

「目的から逆算して作られていること」「検索エンジンから評価されていること」を重視した品質のホームページ制作に注力しており、なおかつ品質は高くても、価格は控えめなところが最大の強みです。

3.SACRECO

参照元:SACRECO

「SACRECO」は、集客力・見せる力・サポートを重視してホームページ制作を行っている会社です。

ホームページ制作において成果が出ていると判断できる基準は、集客数と成約率の高さです。そしてこれらを高めるためにはデザイン力がある制作会社のサポートが必須です。

こちらの会社は効率よく集客数と成約率に対する対策が行えるようになっています。

静岡県でマーケティングが得意なホームページ制作会社3選

ホームページを制作することは一つの目的に過ぎず、「ホームページをどのように運用していくのか」を考えたときに、マーケティングの観点は欠かせません。

ホームページ制作において、集客や求人として活用したいという目的をお持ちの方に、おすすめのホームページ制作会社を紹介します。

1.株式会社CMA

参照元:株式会社CMA

「株式会社CMA」は、戦略設計からホームページ制作後の集客支援にいたるまで、Webマーケティング分野の営業活動・集客活動のDX化をお手伝いしてくれる会社です。

過去の経験や実証データにもとづく、マーケティングの観点による提案を得意とします。)

ただ作るだけでなく、制作後の運用に関しても安心してお任せいただけます。

2.株式会社しずおかオンライン

参照元:株式会社しずおかオンライン

「株式会社しずおかオンライン」は、企業におけるウェブ活用のトータルサポート、インターネットビジネスの戦略を提案してくれます。

「何のためにWebサイトを公開し、運用するのか」を改めて見直し、Webコンサルタントが課題・目的・ゴールを明確にした上で、施策立案のサポートが得られます。

3.スリーカウント株式会社

参照元:スリーカウント株式会社

「スリーカウント株式会社」は、集客力、分析&改善力が圧倒的に強い「Webマーケティング専門会社」です。

静岡県内での取扱い高No.1を誇り、数多くの企業に選ばれてきた実績があります。

なかでも、ホームページ制作においては集客特化型ホームページと、採用特化型のホームページの2つの異なるアプローチから、集客や求人を重視した制作をすることができます。

静岡県にある格安のホームページ制作会社3選

ホームページを制作するにあたり、予算や運用にかかる費用は可能な限り抑えたいところです。

以下からは、「料金体系のわかりやすさ」「目的に合わせたプラン」が特徴的な格安のホームページ制作会社を3選、紹介します。

1.株式会社オフィスグルー

参照元:株式会社オフィスグルー

「株式会社オフィスグルー」が選ばれる理由に、「わかりやすい料金体系」「選びやすいプラン設定」があります。

「制作するページ数」によって制作料金を算出しているため、編集料金をはじめ、あとから請求される心配がありません。

加えて、予算に応じていろいろなプランが設定されており、幅広い要望に満足できる体制が取られています。

2.株式会社KLEE

参照元:株式会社KLEE

「株式会社KLEE」は、限りある予算内で優先順位を明確にし、全体のバランスを考えてコストパフォーマンスの高い仕様を提案してくれます。

また、”らしさ”を大切にしたデザインで、予算や目的に合わせた最適なホームページを制作することを得意としています。

3.株式会社エムデザイン

参照元:株式会社エムデザイン

「株式会社エムデザイン」は、最適なプランをオーダーメイドで提案してくれます。

全てのプランが初期費用のみで毎月のランニングコストが0円でホームページを運用できるうえ、「見やすく、分かりやすく、使いやすい」ホームページを手掛けています。

ホームページ制作会社選びで失敗しない7つのポイント

数多くのホームページ制作会社の中から、依頼主様に適した会社を探し当てるためにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。

以下から、ホームページ制作会社選びで失敗しないための7つのポイントについて解説していきます。

1.ホームページの目的やターゲットの明確化

はじめに明確にすべきは、「ホームページ制作を通して自社が何を達成したいのか」です。単に、現代風のおしゃれでかっこいいホームページを制作するだけでは意味がありません。

ホームページを通じてブランディングをしたいのか、売上を上げたいのか、どのような層をターゲットにし、ホームページを通じてどのようなアクションを起こしてほしいのかなど、目的やターゲットをしっかり確認しましょう。

この土台がしっかりしていれば、どのようなサイト構成が必要になるのか明確になります。また、同時にどのような特徴を持ったホームページ制作会社を探せばよいのかの指針も見えてきます。

さらに、制作会社もクライアント側のニーズをくんだホームページを作りやすくなるでしょう。

2.ホームページ料金相場の認知

ホームページ制作に限らず、事業活動をする上で予算設定は欠かせません。

理想のホームページを制作するためにはどの程度のコストがかかるのか、複数の制作会社の料金表を比較するなどして、事前にある程度の料金相場を把握しておくとよいでしょう。

大雑把な目安としては、企業情報など基本的な情報を掲載しているだけのようなホームページの場合は30万円程度で済むことがあります。

集客なども狙ったしっかりしたホームページの場合は、少なくとも50万円以上、ものによっては100万円以上かかる場合があります。

いっぽうで、上記のような会社や団体などに所属せず、フリーランスにホームページ制作を依頼できれば格安料金で請け負ってくれますが、大規模なホームページ制作や充実したサポート体制は見込めないことは念頭に置いておきましょう。

ホームページ制作の費用相場は先述した通りです。概要は、以下の表を参考にしてください。

  費用相場 制作意図 備考
必要最低限のホームページ制作 50~150万円 とりあえずホームページ
を開設できれば良い
オリジナリティに欠ける
一般的なホームページ制作 150~500万円 ある程度デザインや
クオリティにこだわりたい
ヒアリングに基づき、一定の
クオリティを担保した制作が可能
オリジナリティを追求した
ホームページ制作
500万円~ 企業のブランディングに
力を入れたい
デザインのオリジナリティの他、
多様な機能を搭載可能

ホームページにかかる費用相場に関してはこちらより参考にしてください。

3.相見積もりの取り寄せ

ホームページ制作はコンテンツによって大きくコストが変わってしまうこともあり、制作会社が料金表を公開していない場合がしばしば見受けられます。

特に、デザイン性の高いホームページを作るのが得意な制作会社や、上場企業や大企業などと数多く取引をしている制作会社ほど料金表を示していないことがあります。

いざ提示された見積もり額が、他の制作会社と比べて適正かどうか判断するために「相見積もり」を取るとよいでしょう。

クオリティーの高さに比例して料金は高くなるため、安さだけで決めるのは避けたいところです。

大切なのは、提供されるサービス内容と費用のバランスが取れているか、依頼主様が実現したいニーズを満たしているか、見積もりが予算内におさまっているかといった点でしょう。

また、見積もりの際には制作費用以外にも気をつけるべきポイントがいくつかあります。そのうちのひとつが窓口の対応です。

窓口の対応が悪い場合、依頼主様の意見が伝わらず納期や品質に影響が出ることが考えられます。

コスト削減のためにメールのみで対応する会社も多いですが、満足のいくホームページを作るためには話し合いによる意見のすり合わせが必要不可欠です。しっかり話を聞いてくれる制作会社を選びましょう。

ホームページ制作会社の見積もり例に関してはこちらを参考にご覧ください。

4.同業種のホームページ制作実績の確認

重要なのは、依頼先の制作会社がどのような業種の企業と取引実績があるのかについて調べたり、制作実績の一覧ページから、どのようなポイントに注力してホームページを制作したりしているのかを読み取ることです。

同業種のホームページ制作の経験が豊富であれば、依頼主様が求める要件も理解されやすく、制作会社側からノウハウを提供していただく機会があります。

ただ、業種を問わず、幅広い範囲の企業から取引を受けている制作会社でも、業界に左右されずに一定のクオリティを発揮していただけるでしょう。

5.開設・リニューアル後のサポート

ホームページが納品された後は、依頼主様で更新作業や保守運用などをおこなっていく必要があります。

運用途中で何かトラブルが生じることがあるため、開設・リニューアル後のサポートをどこまでおこなってくれるのか確認するとよいでしょう。

ホームページ制作会社からサポートスタッフを派遣していただくと、更新作業時の混乱を回避できます。

複数人でホームページの更新作業をする場合は、更新に関わる社員に対して、事前に講習会などを実施していただきましょう。

ホームページの開設・リニューアル後に必要な保守運用の作業としては主に以下の5つがあります。

1. ドメインやサーバーの維持・管理
2. SSLサーバ証明書の維持・管理
3. CMSのアップデート
4.データのバックアップ
5.外部連携の仕様変更対応

これらの作業は運用代行会社に外注して行うこともできますが、その場合は費用として1~5万円(程度)かかります。

運用保守についての詳細な情報は、こちらをご覧ください。

6.ホームページの更新やページの追加

ホームページのコンテンツは継続的に更新し、情報を最新の状態に保つ必要があります。しかし、この更新作業まで外部企業に丸投げすると毎回作業費が発生してしまい、さらに予算が必要です。

ホームページ開設後の更新・運用はできれば依頼主様自身でおこなうことを前提にしましょう。そのためには、運用しやすいようにシステムを整備してくれる制作会社を選ぶのがよいでしょう。

ホームページの更新やページの追加は、運用改善と呼ばれる作業に分類されます。

運用改善は、ホームページを通したビジネスでより良い成果を生み出すために重要な段階であり、ホームページの更新やページの追加以外に、以下の4つの作業が挙げられます。

1.問い合わせ対応
2.分析・改善
3.トラブルや緊急時対応
4.集客

運用改善の作業は、より良いホームページ運用のために必要不可欠な部分ですが、その作業内容は複雑なものが多いです。これらを外注しようとした場合、5万円で収まるケースもあれば100万円以上かかることもあります。

ホームページの更新やページの追加以外の運用改善の作業を考慮すると、自社で対応できる部分はなるべく自社で作業を行えるようにシステムを整備することが重要になってくるでしょう。

制作会社を選ぶ際には確認することをおすすめします。

7.制作会社ホームページの更新頻度

制作会社自身のホームページの更新頻度やコンテンツの充実度なども重要な選定基準です。

特に、今までの取引企業の種類やその制作内容を確認することで、依頼主様が依頼した場合のイメージをしやすくなるでしょう。

もしそれらの内容が希望するイメージにそぐわなかったり、制作会社自身のホームページが更新されていなかったりするなら、依頼するのは避けたほうがよいかもしれません。

企業の顔であるホームページは、ビジネスに対する気配りや事業運営における余力が伺えるため、制作会社選びのポイントとなるでしょう。

継続的なサポートを受けるために、セルフマネジメントのしっかりした、組織基盤が強固な制作会社の方が望ましいです。

【目的別】ホームページ制作にかかる費用相場

さて、続いてこの章では、ホームページ制作にかかる費用相場について解説していきます。

意外にもホームページ制作にかかる費用はピンキリで、依頼する制作会社や実装したい機能によって制作費用は大きく変化するので、この章で提示している目的別の費用相場はあくまでイメージをつかむための目安・参考程度に考えてください。

1.必要最低限のホームページ

ホームページとして最低限の機能さえあれば良いという方は50〜150万円くらいの制作費用を想定しましょう。50〜150万円はホームページ制作費用の中ではかなり安価な価格帯に属します。

具体的なホームページ制作方法としてはホームページ制作ツールの既存テンプレートを用いた制作になります。ただし、この価格でオリジナリティ溢れるホームページを制作することは難しいです。

2.一般的なホームページ

オーソドックス普通のホームページを制作したい方は150〜500万円くらいのホームページ制作費用を想定しましょう。ホームページ制作会社に依頼すると、大抵、この150〜500万円の間に収まります。

具体的なホームページ制作方法としてはクライアントからのヒアリングをベースにゼロから制作する方法が一般的です。

依頼者側の希望を踏まえた上で、デザインやコーディングをしていくため、ある程度オリジナリティのあるホームページを制作することができます。

3.オリジナリティを追求したホームページ

オリジナリティ溢れる高品質なホームページを制作したい方は500万円以上の制作費を想定しましょう。より多くの人たちが制作に携わるため、プロジェクトは大規模化し制作期間も半年ほどになります。

単にホームページを作るだけではなく、ブランディングの観点もゼロから一緒に考えたり、他にはないハイクオリティなホームページを作ったりできます。

【番外編】フリーランスに依頼する場合

制作会社に依頼する以外にもフリーランスに依頼してホームページ制作をする方法があります。フリーランスに依頼するメリットはコストをより低価格に抑えられることです。

例えば、Lancers(ランサーズ)というフリーランス紹介サービスで作成する場合を考えてみましょう。

Lancersで作成すると、1〜10ぺージの場合は5〜40万円で11〜20ぺージの場合は5〜80万円がおおよその相場です。しかしながら、低コストな分、以下のデメリットも存在します。

・品質が保証されていない
・突然廃業するリスクがある
・納期に遅れる可能性がある
・作業内容に得意・不得意が出やすい


フリーランスへの依頼を検討している方は、ここで紹介したデメリットがあるということを理解しておく必要があるでしょう。

また、以下の記事で他にも安心して制作を任せられるフリーランスを選ぶポイントについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ホームページ制作会社の見積もり例3選

ここからは、実際に制作会社に依頼した場合の料金実例についてお伝えします。今回紹介している制作会社の料金実例はあくまでも目安となるので、気になる制作会社がある場合は、見積もりを取ることをおすすめします。

1.FLUX CMS

FLUX CMSは株式会社FLUXが開発した、低価格で高品質なホームページ制作サービスです。

初期の制作はプロが行うため、入念なヒアリングを行い、お客様が見てほしい方に最適なデザインや構成のホームページを作ることができます。

管理画面は専門知識不要で誰でも使えるため、文章の修正や画像の差し替えなど、通常業者に依頼をするとお金がかかる変更も自分で行うことができます。

初めてのHP作成やリニューアルを検討されている方にオススメなので、まずは問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

初期費用0円
月額費用9000円~
ページ公開数無制限
Google Analytics
広告削除
独自ドメイン

2.IT Force

10ぺージの会社紹介とブログ機能のあるホームページを作成した場合の料金実例になります。15日の工数で18万9千円です。

また、IT Forceでは「施工事例のコンテンツはグラフィカルにスライドショーさせたい」といった細かい依頼内容にもきちんと対応しています。

3.流楽

10ページのホームページを制作する場合、50万円程度かかります。オリジナリティのあるサイトにするための、企画構成料金やトップページデザインといった項目があります。

また、流楽では他にも予算に合わせた提案や制作を行っているので、気になった方は見積もりを出してみましょう。

【サイト規模別】ホームページ制作にかかる期間

ホームページはLP(ランディングページ)のように1ページだけのものから、100ページ以上の大規模なサイトまで大小さまざまです。

ここではサイトの規模別に制作に必要な工数をご説明します。適切なスケジュール管理を行うためにぜひ参考にしてください。

なお、サイトの規模によって必要な流れや期間も大きく変動するので、余裕を持ったスケジューリングをおすすめします。

1.ランディングページ

リスティング広告のリンク先として使われるLP(ランディングページ)の制作期間は、約1ヶ月だと言われています。

工程日数
打ち合わせ(進捗チェック・資料作成)5~9日
要件定義・画面設計3~4日
デザイン制作4~7日
実装(フロントエンド・バックエンド)4~7日
テスト2日

LPは他のホームページと異なり1ページで完結しますが、1つのページ内に必要な情報を盛り込む上に、問い合わせフォームなどを設置するので、工数は最低でも1ヶ月弱は必要です。

2.小規模サイト

キャンペーンサイトのような3ページ程度の小規模サイトの制作には、約2ヶ月の制作期間が必要です。

工程日数
打ち合わせ(進捗チェック・資料作成)15日
要件定義・画面設計3~4日
デザイン制作5~6日
実装(フロントエンド・バックエンド)7~10日
テスト4日

ページ数が増えれば、それだけタスクや確認作業も増えます。制作期間は少なく見積もっても2ヶ月は見込んだ方がよいでしょう。

3.中規模サイト

中規模サイト(15ページ程度)の制作には、約3ヶ月必要だとされています。

工程日数
打ち合わせ(進捗チェック・資料作成)12日
要件定義・画面設計6~7日
デザイン制作13~14日
実装(フロントエンド・バックエンド)15~16日
テスト4日

こうして項目別に日数を見てみると3ヵ月もかからないのでは、と思うかもしれません。しかしサイト制作の規模が大きくなると、上記のような項目に明確に分類できないタスクが増えることが予想されます。

ホームページによっては撮影や素材補正などの工程が別途必要となるケースもあります。どのような情報を組み込むかによって期間が変動しますので、スケジュール管理の際には注意しましょう。

4.大規模サイト

コーポレートサイトのような大規模なホームページ(100ページ程度)を制作する場合、8ヶ月前後の制作期間が必要とされています。

工程日数
打ち合わせ(進捗チェック・資料作成)20日
要件定義・画面設計15~20日
デザイン制作40~70日
実装(フロントエンド・バックエンド)40~70日
テスト10~15日

大規模サイトの制作ともなると、確認作業に費やす時間は多くなってきます。社内レビューなどにある程度の日数が必要になることもあります。

予期せぬ対応の可能性も含め、8ヶ月前後の制作期間を予定しておいたほうがよいでしょう。

制作会社だけじゃない!3つのホームページ作成方法を比較

ホームページを作るには、大きく分けて3つの方法があります。以下の表で自分にあった作成方法を検討してみて下さい。

ホームぺージ作成ツールを使うHTMLとCSSなどのコードを自分で書く制作会社に依頼する
費用の相場無料~(別途サーバー費用等)無料~(別途サーバー費用等)50万円~
期間の目安1カ月~半年~(勉強時間等含む)2カ月~(小規模サイトの場合)
難易度★★☆★★★★☆☆
おすすめの方中級者/なるべく早く作りたい方経験者/時間に余裕がある方初心者/時間に余裕がある

ここからは作成方法ごとにメリット・デメリットを簡単に紹介します。

1.ホームページ作成ツールを使う(ノーコード)

HTMLやCSSといった専門的なエンジニアリング知識は基本的に不要であり、無料から使用できるものもあります。

費用を抑えつつも、自らのイメージに近いホームページを作成したい方にはおすすめの方法と言えます。

ホームページ作成ツールは後ほど紹介しています。先に読みたい方は以下からご覧ください。

2.HTMLとCSSなどのコードを自分で書く

HTMLやCSSといっ たコードを自ら書き、作成する方法です。ちなみに、HTMLとCSSとは簡単に説明すると、下記のようなものです。

HTML:Webサイトに表示されるテキストや画像・リンクなどを記述する
CSS:表示されるテキストのフォントや色、大きさや画像の位置などを調整する

全くエンジニアリングの知識がない方には多少ハードルが高いため、コーディングに興味・関心がある方にのみおすすめできる方法と言えます。

詳しくは以下の記事から参考にしてみてください。

3.制作会社に依頼する

最後に、ホームページ制作会社に依頼する方法を紹介します。

専門的な知識はもちろん、自社の社員リソースを圧倒的に使わずに済むことができます。コストに一定の余裕があり、かつ一定のスピードとクオリティを重視する場合に、おすすめの方法と言えます。

以下の記事では、ホームページ制作会社をタイプ別に紹介しています。ぜひ参考にしてください。

このように、ホームページには上記3つの作成方法がありますが、どれも一長一短でどうやって作るのがよいのかわからないと感じた方もいるのではないでしょうか。

あるいは、やはりプロに任せたいけれど予算に余裕があるわけではなくて頭を抱えている方もいるかもしれません。

ホームページ作成サービスFLUX CMSなら、初期費用0円でプロにホームページ作成を任せられ、公開後は月額9,000円から充実したサポートのもと運用することができます。

更新も自分でカンタンにでき、追加料金は一切かからないので安心して使い続けられます。

まずは一度、お気軽にお問合せください。

まとめ

静岡県でおすすめのホームページ制作会社を紹介しました。ホームページの制作目的やサイト規模などによってホームページ制作会社の選び方は変わってきます。

今回紹介した内容を参考にして、ぴったりな制作会社を見つけてください。

当サイトを運営する株式会社FLUXは、ホームページ作成サービス「FLUX CMS」を提供しており、日本全国どこでもオンラインで依頼いただけます。詳細はこちらをご覧くださいませ。

ホームページはいくらで作れるの?
最短1分でカンタン見積もり!

ホームページ作成サービスFLUX CMSではホームページ作成料金の無料診断を行っています。

・あなた好みのホームページを料金診断
・あっという間に見積もり完了
・質問に答えるだけだからカンタン

ホームページ作成に少しでも興味のある方はぜひお試しください。